シアード写真

 

マウスウォッシュ製品で私が今まで一番良かったと感じ、愛用させてもらったのが「シアード」です。

 

https://daiei-shop.jp/

 

ここ2年くらい、口臭対策にフォーカスしたマウスウォッシュ製品はいろいろ出ていました。

 

ですがどれも高いんですよね…(^_^;)

 

そんな中、シアードはちゃんと効果があり、且つ安いのでコスパが非常に素晴らしいです!

 

今回はシアードの購入検討者の方に向け、私が実際に使った上での評価、口コミをリアルに発信していこうと思います。

 

ポイントを先にまとめると…
  • シアードは効果&コスト面で考えてもマウスウォッシュ系商品で一番良いと確信中

    −他社製品ともちゃんと比較した上で、です。

  • 使い方としては寝る前のマウスウォッシュでオッケー
  • 特に翌日の寝起きの口臭抑制が凄いと感じてます!
  • 夕方以降は口臭が気になりだす可能性があり…でも継続して使っているとそれも少なくなるかも
  • 初回770円で継続縛りなしなので、お試し感覚でスタートできるのが良心的で嬉しい商品
  • 解約もマイページ上ででき、面倒な電話は必要なし(ユーザー目線最高すぎるっ!)

 

 

シアード、ガチ愛用者の口コミ!使用感、口臭予防効果レビュー

 

まずはシアードの効果が一番気になるところ。

 

いくら安い製品でも、効果がダメなら購入の意味無し、ですからね(^_^;)

 

というわけで、シアードの購入予防面からガチが感想、口コミレビューをしていきます。

 

シアードが口臭予防に効果を発揮する理由

 

シアードに限らずですが、この手のマウスウォッシュ製品での口臭予防の方法は「タンパク質汚れの除去」です。

 

実は人間って歯磨きしただけとだと汚れは完全には取れず、残ったまま。

 

特に食べ物に含まれるタンパク質の汚れがガッツリ残っているんですって(^_^;)

 

これに悪玉菌が作用し、口臭を出すというわけです。

 

つまりは口臭の元凶になるタンパク質汚れを取るのが一番なので、それをするのがシアードの役割。

 

では実際にシアードで取れた私の口内のタンパク質汚れ、見ていただきましょう…

 

《恥だけど写真公開》シアードで除去できたたんぱく質の汚れ

 

シアードの公式サイトでも、たんぱく質汚れが取れたあとの写真が掲載されていたかと思います。

 

まぁ、あんな感じの写真って同系のマウスウォッシュ販売サイトでもたくさん見てきましたからね…

 

ある程度は取れるでしょ、と思ってやってみた結果がこちらです。

 

シアードで取れた私の口内のタンパク質汚れ

 

使用前の澄み切ったオレンジ色の液体の中に、茶色の物体が多数浮かんでいますよね(^_^;)

 

はい、これが私の口内のタンパク質汚れです。

 

正直恥ずかしいですけどね。

 

でも評価する上でこの写真だけは避けて通れません笑。

 

見事に汚れが出てきました。

 

予想以上に汚れが取れたのですが、紛れもないリアル写真です。これを残したままにしておくと、口臭はもちろん、虫歯や着色の原因にもなるんです!

<ポイント>

 

シアードで口を濯ぐたびに毎回同じ量のたんぱく質汚れが出るかと言えばそうではありません。

 

日によってはこれよりも少ない時もあるし、同量の時もあります。

 

ただ基本的には毎日マウスウォッシュしていると、必然的に1度で取れる汚れは減っていく気がしますね!

 

で、口臭予防効果はどうだった!?

 

タンパク質汚れの除去能力は申し分ないことは伝わったと思います。

 

あとはこれを受けて口臭がどうなったか?ですよね。

 

お恥ずかしながら、私の年齢はもう40を迎える完全なる中年アラフォー。

 

子供からも口臭を指摘されますし、自分でもそれに気がついてしまっていました。

 

※よく「他人に口臭を指摘されて、ハッと…」みたいな広告みますが、あれって無くないですか!?大半が自覚している方がほとんどだと思います。

 

だからこそシアードに期待して購入したわけですが…。

 

寝起き後〜昼過ぎまでは大満足な効果!

 

で、結論から言えば「口臭予防効果はばっちり、大満足」な状態になっています!!!

 

まず効果てきめんだったのが寝起き後のあの口臭の激減具合。

 

口臭がきつい人って、寝起きのあの匂いレベルもやばい傾向にあると思うのですが、それがぐっと減りました。

 

10代20代のころような無臭とはいきませんが、臭さはほぼ感じなくなりましたもん。

 

シアードは寝る前に使っているので、就寝中の口内での雑菌の繁殖、働きを抑制してくれている結果だと思われます。

 

悪臭ガスを出すタンパク質汚れもそこにはありませんからね(^_^;)

 

とにかく、シアードが届いたら翌朝の口臭レベルの低下を楽しみにして欲しいです!

 

大きく口を空けて喋らない限りは、悪臭は周りに漏れないくらいになる方も多いはず。

 

そして肝心の日中の口臭予防ですね。

 

これに関してもかなり効果を感じられています。

 

シアードを使ったのは昨晩なんですが、口臭発生の原因を除去しているので効果はちゃんと続きます。

 

マスクをしていてもあまり臭くないですし、匂いが周りに漏れているかも…という心配も徐々になくなっていきました。

 

と同時に、歯磨きが足りないとか、胃腸が悪いとか、要は口臭の理由ってそこじゃなかったんだな!と実際できるでしょう。

 

前日に使ったシアードの汚れ除去が、こんな感じで長時間に渡って効果を発揮してくれているんです。

 

夕方くらいから口臭復活の可能性あり!その場合の対策は?

 

私の例で言えば、正午、そしてランチ以降までは普通に口臭抑制効果は明らかに実感できていました。

 

ですが時間の経過とともにそれも弱まり、夕方くらいからはまだ口臭をマスク内で感じてしましたね(^_^;)

 

この事実はリアルな口コミ、感想を発信する立場としてお伝えしておこうと思います。

 

特にシアードを使い出した初期の頃こそ、この口臭復活は感じやすいはず。

 

ただこの時間帯まで口臭をおさられただけでも感謝に値します。

 

 

尚、この夕方の口臭復活についてはシアードを使い続けていくと段々と良くなってきました。

 

体調や食べたものにもよるのかもですが、18時くらいまで口臭を気にしなくなった日も出てきます。

 

どうしても心配な方は、昼過ぎにシアードを軽く使うと良いでしょう。

 

1回使い切りタイプではないですが、バッグに入れて持ち運びもできるサイズ感ではあると思います。

 

実際のところ、お昼ごはんを食べたあとにシアード&ブラッシングしておくことでその日はほぼ口臭の心配要らずになっていますからね!

 

特に口臭がきつい方はこういった使い方を考えてもいいとは思います。

 

にんにく臭が抑えられる!とかは絶対にない

 

誤解がないように書いてきますが、にんにくなどニオイがきつい食べ物を食べたら全く意味はありませんよ(^_^;)

 

そういう食べ物による直接的な口臭を抑えるものではありません。

 

あれってもう、胃の中からも激臭がしてますもんね…。

 

シアードでちゃんと対策するからこそ、いくら好きでも休日以外は食べ物には気をつけてください。

 

こんなの当然の話、、、でしたね。

 

にんにくやアルコールとかは、ブレスケアなどの商品で対策するしかありません。

 

 

ホワイトニング効果や歯周炎予防についてはおまけ程度と考えよう

 

シアードは口臭予防が一番の目的の製品です。

 

ですがパッケージを見てみるとそれ以外の期待できる効果の表記もされているんですよね。

 

箇条書きでまとめておきますね。

 

  • 歯周炎(歯槽膿漏)の予防
  • 歯肉炎の予防
  • 口臭予防
  • 歯を白くする
  • 口中の浄化
  • 口中の爽快
  • 虫歯の発生、及び進行の予防

 

シアードパッケージに記載の効果効能

 

シアードパッケージに記載の使用上の注意

 

これら全部達成できるならどんだけ有能な商品なの!と感じますが、口臭予防以外についてはそこまで期待はしなくてもいいと思います(^_^;)

 

特に「歯を白くする」いわゆるホワイトニング効果は基本無いでしょう。

 

ちゃんとブラッシングして、超長期的に期待できる効果です。

 

また歯槽膿漏や虫歯予防についても効果測定ができません。

 

もう数年単位で検証しないとわかりませんし、そもそもそれを予防したいならもっといい方法はあるはず。

 

まずは歯医者に行くのが確実です。

 

実際のところ、私もそんな効果は実感していません。

 

リアルな情報を口コミとしてお届けしたいので、嘘を言ってもしょうがないですし…

 

その変わり、口臭予防効果がコスパ良くできる点については自信を持っておすすめしますよー。

 

「コスパ」に直結する料金面については以下の項目で詳しく解説していきます。

 

シアードの価格/お得な購入方法、そして解約方法など

 

ここまで読んで、私のシアード口コミである程度の納得感があった方…

 

あとはできるだけお得に買ってもらいたいと思います。

 

特にこの手の商品は継続縛りがあったりすることも多いので、その点にも注意をしたいところなんですが…

 

初回価格770円、2回目以降は2,979円、定期購入縛りはなし

 

私がシアード購入を決めた大きなポイント。

 

それが価格の安さと、初回で解約しても問題なし、という条件の良さです。

 

見出しにも書きましたがこの条件の良さ!

 

  • 初回価格770円
  • 2回目以降は2,979円
  • 定期購入縛りなし

 

この初回価格は定期コースでの申し込みとなりますが、1回で解約しても良いのでお試し感覚で試せます。

 

これが一番お得な購入方法ですし、基本的にはこれ以外の買い方は検討しなくてもいいのかな、という感じですね!

 

このお得な購入は公式サイトだけ

シアード公式サイトのスクショ画像

 

お試し価格770円で購入できるのは、当然といえば当然ですがこちらシアードの公式サイトだけです。

 

というか、Amazonや楽天市場、ヤフー等では販売すらしていないのです。

 

そもそも買えるのが公式サイトのみ、なんですよね(^_^;)

 

あちこち比較したりする必要もありませんし、安心して公式サイトから注文をどうぞ♪

 

他社、マウスウォッシュ製品と比較!「安さ」が段違い

 

私自身、シアードを買う前にはちゃんと他社の似たような製品と比較をしました。

 

得られる効果は基本同じでありながら、価格の優位性がシアードにはあります。

 

最安値で提供されていますし、圧倒的なコスパの良さですよ。

各製品1ヶ月分の価格

  • シアード:2,979円
  • ゴッソトリノ:3,300円
  • デイリーワン:3,602円
  • ブレスマイルウォッシュ:3,740円
  • ノッシュ:4,136円
  • デンターキンデル:4,598円

 

他はどんだけ安くても3,300円からという感じです。

 

それがシアードでは3,000円を切っているんです。

 

これから数ヶ月は使うと考えると、この価格差は非常に大きなポイントになってきますよね!

 

休止、解約方法はマイページでやるだけ!電話不要

 

もしシアードが自分にとってイマイチだったり、使用頻度が下がって家に余りだした場合。

 

商品の一旦休止や解約をすることになります。

 

この時面倒なのがサポートセンターへの電話ですね(^_^;)

 

私もこれが本当に嫌い。

 

「解約はお電話でのみ受け付けております」とか、「はぁ?」って感じじゃないですか?

 

基本的にそういう商品はあまり買いたくない性格です。

 

ですがその反面、シアードの解約はマイページ上でポチッとタップして手続きするだけで良いんです。

 

何と良心的な!!!

 

購入者も便利でいいですし、販売会社も余計な人員コストを書けなくてもいいですよね、まさにwin-winです。

 

具体的な解約方法としては発送の7日前までに手続きをするだけ。

 

次回発送分の予定がマイページ内のカレンダー機能に表示されますので、それをチェックの上、解約手続きをすればオッケーですよ♪

 

シアード マイページでの配送日カレンダー

 

休止に関してはウェブ上ではできませんが、メールを送るだけで良いです。

 

これも電話をする必要は一切なし。

 

深夜帯でもいつでも、自分の都合のいい時にできるので負担になりません。

 

 

シアードのリアル口コミまとめ:結論、安い&デメリット(ほぼ)なし

というわけで、シアードの使用感・効果、として価格面についてできるだけわかりやすく私の感想・口コミを紹介させてもらいました。

 

そもそも悪い商品を紹介するつもりはないですし、シアードはマウスウォッシュの中では本当におすすめ。

 

後発組ということもあり、他社のデメリットを完全に潰した商品になっています。

 

(特に毎月のコストが安いのが秀逸すぎる!!!)

 

 

で、唯一のデメリットと言うならば、持ち運びがしにくいことくらいでしょうか。

 

1ヶ月分が大きな袋に入ったタイプなので基本は家で使う専用です。

 

1回使い切りの小分けのスティックタイプとは違いますからね(^_^;)

 

2泊3泊するような旅行や出張のときだけやや不便と感じる程度。

 

でも、そもそも頻繁に持ち歩くような性質の商品じゃないです、これ。
デステリンのような即効性&爽快感を求めるマウスウォッシュとはまた違いますもん。

 

その日に口内に溜まったタンパク質汚れを落とし、口臭発生原因を除去。
翌日以降、口臭が出にくい環境にしていきましょー、という商品です。

 

他社製品からのコスパを求めての乗り換え、そして始めてのマウスウォッシュデビューに、ぜひ770円でトライしてみるといいですよー。

 

シアードが770円で買えるー
▼大衛ショップ公式サイト▼

TOPへ